二世帯住宅と暮らし方

注文住宅といってもさまざまな種類があるはずですが、二世帯住宅として新築をするのであれば、親の世帯、子の世帯のそれぞれにとって、その後の生活がより楽になるはずです。小さい子供がいる世帯であれば、そのめんどうを親世帯に見てもらうことができますので、急な出張や冠婚葬祭などの際にもあわてずにすみますし、なによりも情操教育的な面からも、異なる世代がいたほうがよいというのは当然のはなしです。また、親世帯にとってみても、介護とはいわないまでも、ちょっとした生活上の手助けを求めるには最適であり、生活をする上での安心感があるといえます。このようにメリットのある二世帯住宅ですが、ここでの暮らし方しだいで、設計のほうもいくつかのパターン化ができるはずです。

二世帯住宅のなかでも同居に近いかたちでの暮らしを望むのであれば、寝室はそれぞれの世帯で別にもつものの、バス、トイレ、キッチンなどといった主要な設備は共有というのがふさわしいといえます。費用的にも節約ができますし、お互いの世帯で顔を合わせる機会も増えますので、希望にそった注文住宅ということができるでしょう。この場合、たとえばキッチンやリビングは平屋建て住宅の中心、あるいは複数階がある場合は1階の部分に集約して配置するようにすれば、プライベートな部分とパブリックな部分との切り分けができて便利であるといえます。また、特に水回りの設備を1か所に集約することで、配管、配線といった工事もしやすくなり、費用の節約につながるというメリットもあります。

いっぽうで、できるだけお互いの世帯が干渉しないようにする暮らし方がよいというのであれば、三重 注文住宅新築する建物はひとつであったとしても、部などはほとんど別々に配置するといった、分離型のプランで注文住宅を新築しておくのが望ましいといえます。この場合、玄関まで別々にして、お互いの世帯の間は防音性にすぐれた壁面で分離してしまうという形態もあれば、玄関は同じであっても、キッチンやトイレなどの設備はそれぞれの世帯ごとに設置しておくといった形態もあります。別々ということであれば新築にあたって多少の費用のロスは生じてきてしまうのはやむをえないところであり、特に水回りのキッチン、バスなどは費用の大きなウエイトを占める可能性があります。しかし、プライベートを守るという目的のほうの優先順位が高いのであれば、はじめから分離型で設計をしてもらうのが適当ですので、目的を重視して検討してみるとよいでしょう。

生命保険の口コミ.COM | クレジットカードの即日発行じゃけん | お家の見直ししま専科 | 健康マニアによる無病ライフ | マッサージのリアル口コミ.com | 住宅リフォーム総合情報 | 英語上達の秘訣 | 英語上達の秘訣 | 内職 アルバイト | 貯蓄 | JALカード | 女性の人生 | 初値予想 | 心の童話 | オーディオ